どんど晴れスペシャル 比嘉愛未さんの夏美さん復活!

画像
 4年振りに「どんど晴れ」が、帰って来ました~!!!

比嘉愛未さんのファンにとっても、どんど晴れファンにとっても、またNHK連続テレビ小説ファンにとっても!

リバイバル放送って凄く嬉しい~~~!!!
画像
冒頭は、岩手・盛岡、ひいては東北地方の観光産業をどう盛り上げていくか!って言うシンポジュウム。

おやっ!?ところで夏美さんの隣りに座っている方は、以前「夏美VS彩」の女将修行決戦の時に加賀美屋を訪れたお客さんでは・・・
画像
シンポジュウムの席上、興奮して立ち上がったゲストの方が突然の発作で壇上で倒れるハプニング!!
画像
しかし、ネクタイを緩めワイシャツの胸を開き、頭を少し持ち上げて・・・夏美さんの、とっさの判断で事なきを得る!

さすがに、この時の演技はコードブルー仕込!!素人では、ここまで自然にテキパキとは行かないですね!
画像
シンポジュウムの会場でコメンテーターの一人として柾樹のホテル時代の先輩「高木」が居た。

彼は「目に見える、おもてなし」として、おもてなしのマニュアル化やバリアフリー、エコ活動を掲げる企業を立ち上げていた。

これには、新しいモノ好きの伸一(東幹久)は勿論だが柾樹までも賛同してしまう。
画像
ところで、加賀美屋では何やらワケありげな「売れない小説家」もとい「売れなくなった小説家」が連泊中。
画像
体調のすぐれない様子の、その小説家には、この地方でそんな時に良く食べられている「ひつみ」をお出ししたり。
画像
伸一や柾樹らが地元青年団との話し合いでは名物「わんこそば」が登場したり
画像
女将「環」が野菜の買い付けに盛岡の「神子田朝市」に出向いたり。
画像
画像
東北地方の冬の冷蔵庫「雪むろ」を紹介するなど。

と、ここでも地域に根付いた番組構成がチャンとされています。

わたしも、この番組を通して結構盛岡の事を知る事が出来て凄く親近感のある土地になりました。

(まだ行った事はありませんが一度行ってみたいです。)
画像
画像
画像
また、「夏美と柾樹」、「加奈と聡」、「彩香と浩治」と言った新しい時代を感じさせるカップルも登場!
画像
画像
勿論!夏美さんの座敷童子パワーも健在です!!
画像
今回のスペシャルではゲストとして青森から「雪ん子」も登場!!

と、言う事は次ぎのスペシャルでは「さんこ」なんかも登場するのかな・・・(^^;f
画像
画像
バリアフリーを掲げる高木さんの旅館に対してバリアフリーでない加賀美屋・・・
画像
その事については夏美も心を痛めるのでした。
画像
そんな折、高木さんから「親父は民宿を経営していたが、ただの‘でくの坊‘だった」

と、聞かされた話しが気になった夏美は、実際に高木さんのお父さんが経営していた民宿に行ってみる事にした。

なんと、その日は高木さんの会社が大変な事態になっていた日・・・

そんな事は知らずに来ていた夏美だったが、加賀美屋から高木さん失踪の一報を受け

今は主無き民宿で、何故か急に誰かが助けを求めている気配に気が付いた夏美は吹雪の中、外へ飛び出る。
画像
画像
なんと!そこには雪の中倒れている高木さんがいた!必死で高木を抱え家まで運び込む。
画像
画像
高木を担ぎこんだ、その家で夏美は高木のお父さんの話を詳しく聞かされる。

その話の中で、目に見えない‘おもてなし‘など、客には解って貰えない・・だから客は減り、親父は裏切られたのだと・・・

しかし翌朝、お父さんの墓参りに訪れてみると、お父さんの民宿で過ごした方々からのお供え物が!
画像
お父さんの‘おもてなしの心‘が伝わっていた事が、はじめて高木にも解った。

(・・・ところで、御供え物の中に「沖縄名産、黒糖」と、有りますが・・・これは比嘉愛未さんからの物でしょうか・・・)
画像
高木さんの一件が有ったにも拘らず、加賀美屋のエコ化を推し進めようとする柾樹と衝突してしまう夏美

「未だ早すぎる!焦らないで、みんなの気持ちが一つにまとまるまで!」

と思う夏美の心を柾樹は解らなかった・・・

その為に、青年団の集会でもみんなに解ってもらえずに、ただ反感を買うばかり・・・

しかし、その場に居合わせた聡や浩治達のおかげで青年団の気持ちも一つになり
画像
また、内輪ではあるが、ギクシャクしていた家族の気持ちも一つになり
画像
いよいよ、みんなの気持ちも一つにまとまったようで
画像
・・・そんな、ある日。

女将「環」から、代々加賀美屋の女将が引き継いできた‘玉手箱‘を渡される夏美。

中身の無い、その箱を見て「おもてなしの心とは、目には見えないもの」と代々受け継がれてきた加賀美屋の心を言い当てる。
画像
そして‘玉手箱‘を夏美に渡して視力の衰えから引退を考えていた環に対して

少々の問題があっても支えあって、助け合って、家族として乗り越えて行きたいと・・・
画像
画像
その夏美の優しい気持ちに触れ、引退を思い留める環だった
画像
かくして、みんなの気持ちが本当に一つになった今、加賀美屋も遂にバリアフリー化などに乗り出した模様です。
画像
だいぶ、端折った感がありますが今回の「どんど晴れスペシャル」も何時もの様に‘心温まる‘展開でした。

みんなの心が一つになる。人が人を思いやる気持ちの大切さ。信頼する心・・・などなど

私達が生きていくうえで、当たり前だけど忘れがちな気持ちの大切さを気付かせてくれた良いドラマでした。

そう!その心こそ、今!震災で大変な皆様や、被災地から遠く離れた私達に大切な心!!

寒さの夏はオロオロ歩く・・・宮沢賢治の言葉ではないですが、今は何にも出来なくても、いいんです!

本当に大切なのは心!!

なかなか、こういうテーマを掲げるドラマも少なくなりましたが是非スペシャル第二弾として復興支援篇って言うのも期待したいです。

また、今回も比嘉愛未さんの演技やドラマの内容に感動したことっちでした。
画像
                                                 どんど晴れ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック