コトコト きっちん

アクセスカウンタ

zoom RSS 比嘉愛未さん御出演 松本清張「球形の荒野」(前編)

<<   作成日時 : 2010/11/28 14:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
松本清張の傑作「球形の荒野」がドラマ化されました。
松本清張と言えば「砂の器」「点と線」「ゼロの焦点」「球形の荒野」などなど名作が多いですが
私は、その中でも今回の「球形の荒野」が好きでした。
しかも今回のドラマでは応援している比嘉愛未さんが「野上久美子」というヒロイン役!
更に外務省課長の村尾芳生役に佐野史郎さん
もと海外特派員の滝 良精役に草刈正雄さんなど小説のイメージ通りの配役に、おのずと期待が膨らみました。
画像
昭和39年東京オリンピック開催間近の、ある日。世田谷郊外の田舎道で一人の男性が死体で発見される所から物語りは始まる・・・
と、まあ作品の解説をしていたらスペースが幾らあっても足りないので今回は比嘉愛未さんにターゲットを絞ってみたいと思います(^^)
画像
愛未さんの演じる野上久美子は大学でフランス語を専攻し、今回のオリンピックではフランス選手団の通訳として参加するコンパニオン!
懐かしの白黒テレビに映る「野上久美子」さん・・・白黒で拝見しても凄く綺麗!!(後ろの女優さん達が当時の雰囲気をかもし出してくれています)
画像
野上久美子は叔母さんが奈良のお寺めぐりをした際に偶然みつけた今は亡き父「野上謙一郎」に似た筆跡の持ち主の記帳した芳名録によって運命の事件に巻き込まれていきます。
画像
それにしても現代っ子の愛未さんが見事なまでに‘昭和‘の雰囲気を漂わせてくれているのには、ただただ驚くばかり。
画像
そんでもって笑顔が自然でとても爽やか(^^)
画像
こちらが野上久美子の父で元外務省一等書記官だった野上謙一郎の元部下だった村尾芳生役の佐野史郎さん。
画像
そして、こちらが元海外特派員で現在は世界文化交流連盟常任理事を勤める滝 良精役の草刈正雄さん。
画像
この二人は事件に大きく係わってきてストーリーを、より謎めいたものに仕上げてくれます。
画像
野上久美子の回りを絶えず動き回るのは原作では新聞記者の「添田」。
しかし今回のドラマでは新米刑事の「添田」でドラマ「魔女裁判」で比嘉愛未さんの恋人役を演じた生田斗真さん。
画像
・・・それにしても可愛い。こういう人が我が娘だったなら・・・と思うと野上謙一郎の気持も充分に理解できます。
画像
野上久美子が最初に事件に巻き込まれるのは滝 良精のはからいで有名な画伯のデッサンのモデルに抜擢された事からはじまります。
画像
野上久美子を遠くで見るかのように庭師が働いています。
画像
画伯は野上久美子と話ばかりして中々絵を書きません。・・何故!?
画像
そして翌日、野上久美子がやって来ると画伯は死んでいて久美子のデッサンは何者かによって盗まれていました。
画像
デッサンを返したいから一人で京都に来るように。との奇怪な手紙を渡され久美子は京都にいきます。
画像
画像
チョッと残念だったのが、この件。原作ではもっと京都の情緒を表現しながら細かく描かれていたのですがドラマでは結構、はしょってしまっていた事。まあ時間的に難しいのかもしれませんが・・・。
画像
久美子がホテルに帰ると謎の電話・・・そして
画像
何故か同じホテルに泊まっていた外務省の村尾さんが鉄砲で撃たれた!
画像
そして、もう一人‘滝 良精‘氏も!! 二人は偶然居合わせたのか!
それとも久美子、村尾芳生、滝 良精が居合わせたのは必然だったのか!?
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
比嘉愛未さん御出演 松本清張「球形の荒野」(前編) コトコト きっちん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる