コトコト きっちん

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育と宗教の必要性

<<   作成日時 : 2016/09/19 10:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

特に・・・というか○×教に入りましょう!

とか、

勉強を頑張れ!

という話ではありません。

様は、宗教の持つ意味(哲学や道徳)を知り、

それを理解する為に日頃の勉強もしましょうね!

っていうことです。

日本人はよく無宗教だと言われますが、明治維新前まで日本には今とは

比べ物にならないほどの寺社仏閣がありそのお坊さんや神主さんから哲学を

噛み砕いて教えられていました。

維新後に寺社仏閣は少なくなったけど、それらはお爺さんから孫へ、

その孫からまた下の世代へ継承されていきましたから特に改めて宗教を

勉強する必要はありませんでした。

染み付いていたからです。



ところが戦後に事態は一転します。

戦争で沢山の人が亡くなったために働き手が足らなくなりました。

更に朝鮮戦争での軍事物資、生活物資の需要が伸びて生産数量も急激に

上がり人々に余暇を過ごす余裕が無くなります。

子供達はほったらかしに野を駆け回りマトモナ教育も受けられないまま

金の卵として社会に出ます。

この世代の人たちは親がいなかったり、いても余り相手にされていないため

今迄引き継いできた宗教感の伝達(道徳)も備わっていない人が多いと思い

ます。いわゆる団塊の世代です。

そして学校教育も、高度な精神力・崇高な魂をはぐくむことよりも、貧乏な家庭

から少しでも早く金を稼げる人間として送り出したいことと、戦争のために

教員不足も深刻でした。



宗教(哲学・道徳)の身についていない企業戦士たちは金になればどんなこと

でもしました。

海外からはエコノミック・アニマルとさえ言われ世界の嫌われ者になって

しまいました。

その後、団塊の世代よりも上の戦前教育を受けた世代に育てられた子供達が

成人を迎えます。

彼らの世代では学校教育も落ち着きを取り戻していますし、親世代の親も

戦争に出るには年をとりすぎていますので家族としての継承教育が行き届

いています。

そしてこの子世代が企業で力を発揮し始めた時期に日本は技術的に急激

に進化します。

確りした教育も身につけていますので海外への信頼も得て対等なビジネスが

できるようになりました。



産業が発展した社会は地元の町工場から大規模生産工場へ移行して行き

ます。

それまでは両親の住む家から自転車で通えた仕事場も、遠くの工業団地に

引っ越しますので家を出て仕事場に近い町に住む様になります(核家族化)

このような社会構成のために徐々に宗教(哲学・道徳)の自然な伝達は

損なわれ、いまや名実ともに本当の無宗教時代突入です。



宗教的意識を持たなくなった人々は社会性のない個人主義に走ります。

例えば

・運動会の音がうるさい。

・運動会に参加してバーベキューを楽しむ。

・赤ちゃんが泣いてうるさいので蹴る。

・子供を置き去りにして旅行に行く。

・学校よりもゲームの方が楽しいから学校に行かない。

・文句を言われたから会社を辞めた。ザマーミロ!

・運転が退屈だったから携帯で友だちと話をした。

・わが子に文句を言う教師がウザイ!私の税金で雇ってあげているのに。

・俺が走っている道に割り込んで来やがった!

・・・・・・・まだまだあります。

少し表に出かけたら個人主義的な行動は直ぐに見つかります。




東京大学がアジアNo1大学から陥落したから教育に力を入れないと!

とか先日ニュースで言っていたのを聞きました。

東大と京大。どっちが凄い!?

クイズ番組で言っていました。

東大も京大も卒業生達は企業や政府機関で重要なポジションにいます。

そのような優秀な人たちがいて今の企業や政府の体たらくは何なのでしょう?

もっと、もっと優秀な人材が必要なのでしょうか?

答えはYESだと思います。

ただ、ここで言う優秀な人材とは学業成績の優秀な人材ではなく

人間的に優秀な人材です。

偏見でモノを言いますが、有名国立有名私立に進んだ人たちの多くは

中学高校時代にまともな社会性を身につけていないと思います。

一般的な常識を常識として頭脳にインプットされてはいるものの、心情

としては深くインプットされてはいない。

人の心を基準にしていないから見通しが狂う。

もっとも、東大や京大ばかりじゃなくて偏差値40程度の大学に入るために

東大・京大に入るのと同じ苦労をされた人もまた然り。

ゆとり世代は土日が休み、宿題も少なくなって‘ゆとり‘・・・

こんなの意味がない。

だから、まともな青年が少なくなってしまった。

東大に入れる学力を持ちながら一つ下の大学を目指す‘ゆとり‘

小・中・高と勉強漬けで大学に入った途端に自由を履き違えた大学生を

何人か知っている。ニュースでも見るし、同級生にもそういう奴がいた。

学校教育での教科なんてものは、それ自体は薄っぺらいモノだと思う。

学校教育での集団行動で社会性を身につけることこそ意味がある。

そして円滑な社会性を身につけるために不可欠なのは道徳心。

集団を悪い方向に向けさせない為の、ぶれない哲学も必要。



日本政府は外交が下手!

外交の下交渉は外務省が行う。

学業と知識だけが自慢の外務省役員に対して、+αを備えた相手側。

まともな交渉ができるとは思えない。


最初に書いた通り、決して○×教を信じなさい。

というのではない。

だけどキチンとした宗教的知識を身につけておく必要はあると思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
教育と宗教の必要性 コトコト きっちん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる