コトコト きっちん

アクセスカウンタ

zoom RSS 富山第一高校への応援有難うございました!

<<   作成日時 : 2016/08/17 22:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

八月15日、富山第一高校は広島新庄高校に1対7で破れ二回戦敗退と
なりました。
応援してくださった方々有難うございました。

試合を振り返ってみると実力差が拮抗した好い試合だったと思います。
勝負を分けたのは本当に詰まらないミス。

三回裏の新庄高校先取点ではホームを狙える位置にランナーがいるときの
1,2塁間での挟殺プレーの処理誤りによっての失点。
3塁にランナーがいる場合は1,2塁間に挟まれたランナーを殺すことよりも
3塁ランナーに動く隙を与えないことが基本で、何回も練習しているはず。
たまに欲を出して3塁ランナーに飛び出させて、そちらを挟んでアウトをとる
って言うのを見ることがありますが、リスクが大きいしたとえリスクを犯して
3塁ランナーをアウトにしたところで1塁ランナーは2塁まで行きますので
1打で一点の状況は変わりませんし、最悪一点とられた上に2塁も落としいれ
られます。
この場面は基本どおり飛び出した1塁ランナーを1塁に戻しつつ3塁ランナー
に飛び出さす隙を与えないことが重要でした。

同点から勝ち越し点をとられた六回裏の新庄の攻撃もミスがなければ
アッサリ終わっていたところです。
先ず野球の基本「体の正面で補給する」という事ができなくてランナーを出し
ます。
こういう風に書くと酷だということは分かっています。
記録は三塁内野安打とはなっていますが、このとき三塁手は強い打球に
体の横、つまり手で処理しようとして打球が抜けていきました。
特に強い打球の多い三塁手は、その処理の仕方を毎日練習しているはず
なのに、この場面では何故か足が一歩動かなくて安打を許してしまいました。
こういうプレーは投手から見て強く打たれたけど野手の正面に飛んだので
ホッとした瞬間に打球が抜けていくので、ただの安打以上に嫌な気持ちに
なります。

そして次は一死1,2塁から併殺に打ち取ったと思った打球の処理を2塁手が
エラー。
このエラーも凡ミスです。
1塁にランナーがいる場合、1,2塁間に打球が飛んだ場合はランナーと交錯
する危険性(最悪守備妨害)があるため2塁手は自分なりに交錯しにくい位置
を自分できめておく必要があります。
打球が飛んできた場合はその位置から、どう動けば処理しやすいか瞬時に
判断して動きます。
今回の場合は左バッターの比較的弱い打球でしたのでダッシュで1塁ランナーの進塁ラインより前に出てダブルプレーを狙うか、進塁ラインより後ろで補給
して打者ランナーのみアウトにするかが妥当な処理だったと思います。
プロ野球選手でしたら普通に進塁ラインより後ろで補給しても余裕で併殺を
取れるところでしょうが、残念ながらまだプロではありません。
この打球の処理で一番悪い補給位置はランナーと近い位置で補給すること
ですが、今回の場合はまさに手を伸ばせばランナーに触れられる位置。
当然打球とランナーが一緒に目にはいってしまうので今回のようにポロリと
ボールをこぼす可能性が高くなります。

結果的に1対7と終盤に一方的な状態になってしまいましたが、1試合で三つ
ミスがでると普通は試合にならないものなので当然の結果。
高校野球はいかに練習していた事を普通にできるかが大きいと思います。
プロだって、こういったミスは何回もしてしてしまいます。体に覚え込ませた
つもりでも不意に本能的に迷いが出てしまいます。
ほんの些細なことで勝利から見放されるのがトーナメントです。
一人ひとりが集中することも大切ですが、仲間へのチョッとした気配りでミスは
未然に防げるもの。だから試合中に声を掛け合うことも重要です。
一番理想的なのはバッター目線で守備位置の確認をできる捕手が指示して
あげるのが理想です。

最後に素人なりにチョッとどうかな・・・と思ったのは、大会屈指の左投手
広島新庄の堀投手に対して左打者6人も並べたのでは難しいでしょうね。
確かに左バッターは1塁に近い位置で打つので有利ですし右投手には有利。
しかし左対左は対戦数も少なく不利です。
この試合は地区大会でも好成績をあげていた右の森君を最初から外野で
使うべきではなかったろうか?とも思いましたが、この部分は結果論です。
地区大会をこの左打線で乗り切ってきたのですから、戦い方を変えることは
歯車を番える事になりかねませんから。

兎に角、基本!
徹底的に基本を身につけて、どんなときでも基本から外れない体作りと
状況判断する力と、仲間への声掛け
「しっかり守っていコー!」
なんて誰でもいえます。
フィールドであれベンチであれスタンドであれ
野球を学んだ目線で声を掛ける必要もあると思います。
そうする事により9人のチームワークが21人のチームワークになり
部員全員のチームワークになると思います。

秋季大会頑張ってまた春には甲子園で富山第一高校の姿を見れる日を
心待ちにしていますので是非頑張ってもらいたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントありがとうございます。
今年の甲子園はリオのオリンピックで報道もちょっとかすんでしまいましたね。
皆さんとても頑張っておられて素晴らしいです。
asayan
2016/08/19 12:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
富山第一高校への応援有難うございました! コトコト きっちん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる