コトコト きっちん

アクセスカウンタ

zoom RSS さよなら流星ガール

<<   作成日時 : 2016/06/04 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

一二三スイさんの「さよなら流星ガール」を読んだ。

作品を読み始めて、いつも気になるのが結末だが

この小説の場合、最初の設定を読んだ時に簡単に

そのタイトルから結末が想像できてしまい、そこ迄

に至る経緯に興味を抱かれた。

読んでいくと、ヒロインの茉莉の言葉使いが魅力的

でグイグイ引き込まれるのと、文章の流れが凄く

心地好いので心地好くページが進んでいく。

物語の複線は沢山あり、あー最後はこうなるのかな

って読者なりに考えながら読み進むが、ページの

残りが少なくなっても予想した進展がない事に少し

焦りを感じながら読み進むと、あっけないくらい淡白

に終わってしまい「なんで!?」と言う印象が先ず

最初に訪れ個人的には消化不良間満載だった。

しかしほんの少しだけ時間が進むと、これはひょっと

すると作者の意図がそこにあるのではないだろうかと

考えに行き着いた。

つまり消化不良に感じた場面は個人個人で違うかも

しれない。描かれていない内容は読者自身が思い入

れのまま組み立てて下さいと・・・

流れる時は止められないし、変える事もできないけど

その結末とその後の時間を数々の複線に沿って読者

が組み立てて行く事によって逝ってしまった者への

尊さを感じてもらう。正直ずるいとは思うが、その考え

が本当に作者の意図であるならば僕はまんまと乗せ

られてしまった事になる。何故なら今こうしてその感想

を述べ、作者に送りつけるべく最後の数ページの内容

の構想を練っているから。

読んで泣ける小説は沢山あるが、この小説ではあえて

そこを避ける事によって読書後の印象を更に強いもの

にしている。読者を選ぶ帰来はあるが只の面白い小説

と違うところを狙っている新鮮さを読み終わって感じた。

感受性が強く、お話しをつくることに興味のある方には

是非よんでもらいたい一冊です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さよなら流星ガール コトコト きっちん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる